【フィギュア部門】PIフリー

3/27・28に神戸ポートアイランドスポーツセンターで行われました、アンリ・シャルパンティエ杯争奪 第29回PIフリースケーティング大会の結果をご報告いたします。


〇成年初級女子

・準優勝 村上

・第3位 西垣

・第5位 南

・第7位 津田

・第8位 田之上


〇成年1級男子

・優勝 高村

・準優勝 野方


〇成年1級女子

・優勝 鈴木


〇成年2級女子

・準優勝 日髙

・第3位 西尾

・第4位 奥井

・第8位 宮内


〇成年3・4級女子

・第3位 山岸


〇4・5級女子

・第5位 本橋


〇ジュニア選手権女子

・第16位 大場

・第19位 門前


〇選手権女子

・第3位 野口

・第5位 松本


この大会で、今シーズンは終了です。たくさんの応援ありがとうございました!コロナ禍ではありますが、来シーズンに向けて部員一同これからも頑張っていきます。


以下、一部出場部員の感想です。


・田之上涼夏

今回の大会は新採点なのにも関わらず、スピンの回転数が足りていなかったため、1ヶ月間スピンの練習量を増やしました。本番では全体のトップバッターという緊張もあった中、何とか5周することができ、諦めずに練習して良かったと思いました。一方私は全体的にスピードが不足しているため高くジャンプできません。これからもっとスケーティングを磨く必要があると思いました。私が小さい頃から憧れていた、”リンクで1人で滑る””衣装を着て音楽に合わせて演技をする”という経験ができていることがとても嬉しいです。これからは周りの子たちの背中を追いながらいつか追いつけるように練習していきたいです。


・高村祥太郎

直前の練習では、ルッツジャンプが決まらず不安要素だったのですが、本番ではミスなく滑り切ることができました。大会前は、ジャンプの着氷や、指先への意識をしながら練習をしてきて、以前よりは良くなってきていると思います。今後はジャンプの安定感を上げていくのと、シットスピンやアクセルジャンプもプログラムに入れていけるように挑戦していきたいと思いました。今後の課題が見つかり、モチベーションに繋がる試合でした。

・大場百花

引退曲で滑る初めての試合でした。まだ慣れないプログラムで緊張もありましたが、大好きな曲で気持ちよく滑ることができました。ただ今回は、ステップの取りこぼしとコンビネーションジャンプでの失敗が目立ちました。やるべきことが見えたので、ラストシーズン心残りの無いように練習を重ねたいと思います。

投稿を作成しました 31

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る