【フィギュア部門】全日本インカレ

2021年12月4〜7日に帯広の森スポーツセンター(北海道帯広市)にて行われた、第94回日本学生氷上競技選手権大会フィギュア競技の結果をご報告いたします。

《結果》

女子4級
12位 山岸葉(文2)

女子5級
14位 本橋真奈(社4)

女子6級
16位 大場百花(法4)
27位 岸田あかり(建1)

女子7,8級
14位 野口望々花(経4)
26位 今永梨絵(人1)

男子7,8級
10位 櫛田一樹(商4)

以下、一部出場部員の感想です。

◎岸田あかり

初めての全日インカレは、楽しみだった反面、とても緊張し、本番では目標だったジャンプを決めることもできず、曲の後半のジャンプは体力のなさから回転不足をたくさん取られる、というとても悔しい結果になりました。体力面での不安は消えないまま試合に望んでしまっていたため、復帰してからの課題である体力作りを本当に強化しなければならないと思います。来年この舞台にまた戻ってこられるようにレベルアップしたいです。

◎本橋真奈

ラストインカレだった今回の全日インカレ、とっても楽しくて一生の思い出になりました。
ノーミスはできず悔しさは残りましたが、リンクから上がって先生にハグされた瞬間涙が込み上げてきて止まらなくなり、幸せを噛みしめました。改めて自分はスケートが大好きなんだと実感しましたし、先生、親、部活の仲間達、クラブのチームメイト、など周りの恵まれた環境に感謝したいなと思いました。
引退する時にやりきったと思えるように、まだまだ練習頑張ります!

◎今永梨絵

初めての全日本インカレはミスをしてしまい、目標にしていた点数には届くことが出来ませんでしたが、出場出来たことの喜びを感じながら楽しく滑ることが出来ました。今大会の反省点や改善点をしっかりと明確にし、次の大会に活かしていきたいと思います。また、この「千と千尋の神隠し」の曲にのって演技するのも残りわずかなので、やりきったと思えるような演技を目指して、今シーズン最後まで頑張りたいと思います。

投稿を作成しました 46

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る